シングルマザーの私が再婚できた話【※シンママの心得と出会いのきっかけ】

最近はシングルマザーが再婚のために婚活をしているケースは多いです。

そこで今回は、シングルマザーから40代で再婚できたAさんに、最初の結婚から離婚、再婚に至るまでの話を語っていただきました。

シングルマザーの心得や、出会いの場なども紹介するので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

シングルマザーの私が再婚できた話 (40代Aさん)

この記事の投稿者データ


元シングルマザーAさん

【投稿者】大手企業勤務 Aさん
【年齢】40代前半
【地域】茨城県

若さから理想の夫婦生活を夢見ていました

シングルマザー私は20歳の時、できちゃった結婚をしました。当時は、若かったので飲み会で元夫に出会いました。

出会ったのは、同い年で19歳のときでした。お互いにひかれあって、どちらとも一目ぼれでした。

そのとき、私たちは現実逃避をしていて2人だけで遠くに行って、一緒に住みたいと思っていたのです。

若いだけあって、二人が一緒であれば何でも乗り越えられると勘違いしたのです。

現実を全くみていない未熟な二人でした。お付き合いして、半年たったころお腹の中に小さな命が宿りました。

両親は大反対、お腹には子供が

妊婦

小さな大切な命ができたことで、現実を受け入れるために両親に告げました。

ホントは、二人で逃避行なんてかっこいいことを考えていましたが、かわいい命が優先となりました。

しかし、両親には大反対されました。でも、めげずに説得して元旦那は、頭を下げて結婚を許してもらえるようがんばりました。

そして、私のお腹はどんどん大きくなっていきました。

お腹の中で赤ちゃんが成長していることにうれしいと思う反面、日に日に不安になっていく自分がありました。

なぜなら、元夫が一緒に生活するようになって私の向かって暴力を振るうようになったのです。

元夫の嫉妬深さが激しくなって…

束縛

わたしの行動をちくいち監視するようになったのです。

メールや電話をしていると、誰にかけていたのかとか浮気の心配をするようになっていきました。

しかし、わたしは全く身に覚えがないのに対して、それも妊娠しているというのに疑うのです。そして、元夫が短気という性格もあり、気に入らないと私のことを蹴るようになりました。

それから、怖くなり一緒に住んでいたアパートを逃げるように実家に帰りました。

そして、元夫は謝ってきましたが、何度も同じことがあったのでこの状態で子供と一緒には暮らせないと思い、シングルマザーとしての道を選びました。

私は、20歳の若さで母となりました

赤ちゃん

実家に帰ってきて、両親と姉に守られ元気な男の子を出産することができました。初めてのことだらけで、24時間の育児はとてもつらいものでした。

まわりの友達は、自由に遊んでいるというのになぜ私だけが、子供に縛れなければいけないのかとストレスと抱えるようになったのです。

両親も私が遊びたいのを知っていたので、夜に家をぬけだして飲み会などに参加していました。

出会う男性は、意気投合してデートは数回するものの、私が子持ちでシングルマザーであることを知ると連絡がつかなくなります。

こういうことが20代のうちによくありました。そして、体だけの関係になったりと、将来が見込めるような出会いはないのです。

スポンサードリンク

30代のシングルマザー

40代のシングルマザー子どもすくすく成長して、手が離れるようになったのでフルで働くようになりました。

出会う男性はというと、年上の既婚者ばかりです。10歳、20歳年上の男性に包容力を感じていいな、お父さんみたいで頼れると思っていました。

男性は「妻とは別れる」とうまいことを言ってきますが、ずるずると2年も、3年も待っても結果が出ない状態です。

これがシングルマザーの現実なのかなと落ち込む日々が続きました。

40代になっての出会い

私は、転職して大手企業に勤めています。
受付をしたときによく顔を合わせる一人の男性に出会いました。年齢も私より2歳年上です。

よく会社に出入りする男性で、軽く会話を交わすうちに仲良くなりました。まるで、友だちのような感覚です。

彼は、とても話しやすいのです。特に好きという気持ちもありませんでしたが、彼から食事を誘われました。

食事を誘われる前に、きちんと私には息子がいることも承知です。息子は、もう高校を卒業して社会人になっていました。

彼と食事を数回して、お付き合いを申し込まれました。

簡単にOKを出しませんでした

プロポーズ

私の心のうちを彼にきちんと話しました。簡単にOKは出したくありませんでした。

私は、将来がないお付き合いはしたくないと言いました。

結婚を前提として、私の人生も息子がいることも理解して丸ごと受け入れてくれるならお付き合いをしますといいました。

彼は、困惑した様子でした。その日はとりあえず過ぎていきました。

ついにシンママでも再婚できました

再婚の花嫁

それから、彼から連絡は途絶えました。やっぱり無理だったかなと落ち込んでいると、約1カ月後に彼から連絡がきたのです。

今まで彼は、私たち親子を受け入れる心の準備をしていたそうです。

そして、お付き合いがスタートしました。

息子は、彼と会って、私を幸せにしてくれるならと交際をOKしてくれました。そして、1年後、私は彼と再婚できました。

もしシングルマザーで頑張ってみえる方がみえたら、あきらめずにがんばってほしいです。

スポンサードリンク

 

シングルマザーの心得3箇条

Aさんはご自身の魅力もあって40代シングルマザーでも、見事再婚することができました。

ですが、シングルマザーとして再婚するためには心得ておかなければいかないことがありますので、解説していきますね。

①身なりには必ず気を使うこと!

お洒落なバツイチ女性

シングルマザーのイメージとしては、やはり生活が大変ということです。

それで本当にそのイメージ通り暗い顔をしていたら女性としての魅力はゼロ。出会いを探す前に、まず自分の見た目を元気にする事が大切です。

今後を悩み、不安な人もたくさんいます。女性は、特にそういった精神状態が外見に現れてしまうので、鏡に移る自分がどんな姿や表情をしているのかを確認すること。

そしてできる限りお洒落も楽しんでください。身なりに気を使い、絶対に女を捨てたような恰好をしてはいけません。

前向きに生きることが大前提になります。

②シングルマザーに適した職場で働くこと!

出会える職場

シングルマザーは、家庭と仕事と精一杯になってしまいす。毎日生活の為に、遊ぶ余裕も友達とメールする余裕も無いと思います。

そんなシングルマザーが一番出会う確率が高いのは、やはり職場です。

女子ばかりの職場ではなく、離婚をきっかけに、また給料アップの為にも、男性が多い職場への転職がオススメです。

仕事場で同性だけでなく、異性と接する場面を増やす事は、女性としての自分を忘れないためにもプラスになります。

Aさんの再婚のきっかけも職場での出会いです。まずは、未来を信じて転職をしてみましょう。

③子供と笑顔で過ごす事!

笑顔のシングルマザー

シングルマザーは、結構精神的にもギリギリのラインにいるので、自分の事で精一杯になりがちです。

子供が話かけても、「忙しいから」と突き放していませんか。

そんな暗い女になってしまっては、新しい出合いはきません。子供と笑顔で過ごす事が、母性を引き出し、男性から見た自分のイメージが魅力的になるのです。

自分のすべき事を投げ出してはいけません。自分磨きは、まず中身から。そんな自分を見てくれる人が必ずいると信じましょう。

シンママの再婚 まとめ

マリカツ管理人シングルマザーが再婚するための良い出会いをものにするには、大変な毎日でも前向きな気持ちで笑ってがんばる事が大切です。

人を惹き付ける魅力的な人間とは何なのか、今一度自分と向き合う必要があります。

もし、新たな出会いが訪れたら、明るく楽しい子供との時間を彼氏にたっぷり見せつけて、自分と結婚したらこんな楽しい家庭が待ってるよとアピールしましょう。

もちろん、中身から自分が変わる必要はありますが、楽しそうな人間には必ず人がよってきます。楽しい第二の人生を信じてがんばりましょう。

スポンサードリンク