【男の本音】結婚したい女性と彼女にしたい女性の違い!

婚活マスター男性が「結婚したい女性」と「彼女にしたい女性」は違います。

もちろん彼女にした女性と結婚を望む場合もありますので、今回の「彼女にしたい女性」とは「彼女にはしたいけど結婚はしたくない女性」という意味で考えてください。

この違いを理解しておけば、あなたも結婚に近づけるかもしれません。では順番に見ていきましょう。

結婚したい女性

健康的な若い女性(子供を産みやすい女性)

子供ができた女性

男性にとって結婚したいと思う女性は、子供を産んでくれる女性です。年齢としては20代や30代前半であることが理想です。

アラフォーの年齢では子供を産みにくいということを本能的に男性は感じています。そのため、婚活でアラフォーの女性を避ける男性が多いのです。
 

一緒にいて疲れない女性

男性にとって、一緒にいて疲れない女性は重要ですです。一緒に食事をしていて会話が楽しかったり、一切気を遣う必要のない女性は、男性にとって気持ちが癒される存在であり、結局はそこに帰っていきたくなるのです。

感情の起伏が激しい女性などは疲れるため、男性は結婚したいとは思いません。
 

料理の上手な女性

料理する女性

男性が結婚したいと思う女性には、料理を上手に作ってくれることも挙げられます。

男性の理想は母親であり、子供のころから母親に料理を作ってもらった記憶があります。それが男性が理想とする妻の姿です。

健康的な食事を作ってくれる嫁がいれば健康も維持しやすくなりまし、家に帰りたくなります。
 

親ウケする女性

男性の中には親ウケする女性を求める人は意外と多いのです。彼女だったらギャルでもキャバ嬢でもいいかもしれませんが、嫁となるとそうはいきません。

後々のトラブルを避けるためにも無意識におとなしめの親ウケする女性を求めています。
 

金遣いが荒くない女性

経済的な女

金遣いの荒い女性は絶対にNGです。見た目がタイプであれば彼女にはしてくれても、結婚は嫌がります。

男性も自分が頑張って働いて稼いだお金で、頻繁にブランド品を買われたら嫌になってきますし、将来が不安になってくるでしょう。
 

一定の教養のある女性

男性が望む条件の一つに、一定の知性・教養があることが挙げられます。結婚をすれば子供が生まれます。

母親が無知だと子供にも悪影響ですし、バカな女性と結婚すると男が下がって恥ずかしいと感じる男性もいます。
 

彼女にしたい女性(結婚はムリ)

いい女だがプライドが高すぎる女性

プライドが高い女性

よく男はプライドの生き物といいます。ここで女性があまりにもプライドが高すぎると男は我慢するだけになります。

しかし男性は、いい女をゲットするためなら最初は我慢もできる生き物です(笑) そしてゲットして付き合いながらも、「結婚はないな・・・」と思っているのです。
 

見た目がエロいだけの女性

男性は見た目で判断する生き物です。誰もが振り向くようなナイスバディの女性にはどうしても反応してしまうのです(笑)

スタイルが良く、露出度の高い服装を着ている典型的なキャバ嬢タイプの女性です。基本的には男友達に羨ましがられるような女性を彼女に持ちたがっています。
 

胸がデカいだけの女性

胸がデカいだけの女性

これも見た目ですが、特に男性は胸の大きい女性が大好きです。統計的に自分に自信のない男性は貧乳の女性を好むというデータもありますが、いい男はみんな胸の大きい女性が好きです。

頭がバカでも、品がなくても胸が大きい女性は男性から求められます。
 

エッチのテクだけがズバ抜けている女性

もちろんエッチのテクニックは上手いに越したことはないのですが、この場合はエッチのテクニック“だけ”が凄い女性ということです。

遊びまくっている女性でもエッチのテクニックが凄ければ男性は手元に置いておきたくなるものです。
 

まとめ

マリカツ管理人いかがでしょうか?やはり男性は女性に母親像を求めています。それを考えていけば、男性がどんな女性と結婚したいと考えているかがわかってくるでしょう。

また男性はエロ心があるため、遊びたいだけで近づいてくる人もいるため注意が必要です。
 

Warning: readfile(http://www.honestone.net/elm1/out.php?2): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden
in /home/tower/marikatsu.jp/public_html/wp-content/plugins/php-execution-plugin/includes/class.php_execution.php(273) : eval()’d code on line 110